全日制の看護学校

全日制の看護学校では

全日制の看護学校の学業について

高校卒業後に全日制の看護学校に通うと、3年で正看護師の受験資格を得ることができます。倍率が高いので学校に入学するための受験勉強は大変です。入学後も、座学でテスト続き、技術練習・病院実習で3年間みっちり忙しく勉強が続きます。命を預かるお仕事なので、学生と言えど責任感を持って患者様と接し勉強させていただくことができます。大変なことも多いですが、授業から学ぶ命の尊さを理解することで将来の仕事に生かすこともできます。国家試験の合格率は90%前後と高い状態で推移しているので、就職もしやすいので頑張りがいのある学業です。

全日制の学校の種類とメリット

高校には全日制高校と通信制高校があり、最近ではより自由度が高い通信制高校にも注目が集まっています。しかし、全日制高校にも従来とは異なる単位制の公立高校も増えてくるなど選択肢が広がっています。単位制の高校では、病気や何らかの事情で一定期間の欠席がある場合でも進級することが可能で、ここが一般の高校と大きく異なる点になります。進級した後にとりこぼしてしまった分の単位をふりかえって取得することで、努力次第ではありますが欠席分を取り返すことができるというのが最大のメリットです。学校生活をより充実したものにするためには、どのようなシステムの学校を選択するのが良いのか熟考することが大切です。

↑PAGE TOP